Plus Sun Bio Friends(太陽と緑と友の会)

092-952-2827

(電話受付時間/平日8:30~17:00)

温暖化を阻止し、地球資源を増殖するバイオ発電事業

まずは、以下の資料をご覧ください

直ちに解決すべきエネルギー収支赤字文明の革新 直ちに解決すべきエネルギー収支赤字文明の革新

我が国の平成6年度環境白書のエネルギー供給・消費のフローチャートに拠れば、産業資源の有効利用率は僅か33%で、67%の膨大な資源赤字が発生しています。電力産業の単独収支「有用約34%・損失約66%」と極めて酷似しています。この事象は「社会の血液とも言える電力の非効率病が全ての産業社会に感染した」事を示していると言えるでしょう。これを解決できるのは、当社開発のバイオマス栽培機『BioXシリーズ』を軸とした、生体バイオマス発電をおいて他ならないのです。重要な事は、此の発電系で発生するCO2を大気に放出せず、繰り返し光合成させ、温暖化を抑止しつつ、電力資源を自力増殖し、電力エネルギー収支を「常にプラス」に展開する事です。

近年の温暖化問題や、エネルギー投入量に対しての損失割合は依然として変わらず、世界的なエネルギー収支の課題は、残り続けています。来るべきパソエネ時代に向けて、バイオマス発電をはじめとした地球温暖化の対策は急務といえるでしょう。以下のリンクから、詳細なデータと改善方法をご覧ください。

PRODUCTS 有限会社プラス化建・工法研究所の商品

バイオマス栽培機『BioXシリーズ』や太陽熱循環家屋『SRR「ひまわり」』を中心に開発・販売を行っています。詳細な商品内容は、各リンク先をご覧ください。

BioXのご紹介

『BioX』とは、「Bio Box(命の玉手箱)」「Bio Base(命の基盤)」「BioWater(命の泉)」「 BioStage(土壌=命の演舞場)」の機能を集約したバイオマス栽培器の名称です。

太陽熱循環家屋のご紹介

『SRR「ひまわり」』とは、Solar Recycle Residence の略称で、『BioX』家庭菜園で生産したバイオマスで自家発電する家屋の事を指します。

創エネルギー社会を共に築く仲間を募集しています。

作物栽培器『BioXシリーズ』や太陽熱循環家屋『SRR「ひまわり」』の販売や、バイオマスに利用可能な中~長期消耗品の研究開発等、協力業者は勿論、導入していただける個人のお客様まで、弊社の活動に協力・賛同していただける太陽と緑と友の会(Plus Sun Bio Friends)の会員を募集しています。

NEWS